カメムシから洗濯物を守る対策とは!においを落とす方法は何?

秋は天気の良い日にはベランダに洗濯物を干すと

きよきよしくて…じゃなく清々しくていい気分ですよね。

そんな秋(10月頃)になるとベランダでカメムシを見かけませんか?!

ご存知カメムシは、とっても臭い匂い成分を出す害虫です。

その分泌成分は、自己防衛や仲間に危険祖知らせる為に出すそうです。

やつらは、越冬のため人家を目指して飛んで来るみたいです。

その時ベランダに干してあるポカポカして心地の良い洗濯物や布団、

特に明るくて白っぽい色を好んで集まってくる様な、そんな風に感じます。

そして洗濯物のいい香りは、お花畑の天国と感じるのでしょうか。

これぞ越冬として最適場所と思うのでしょうか。

私なりのカメムシから洗濯物を守り方や臭いを落とす方法などをお伝えします。

カメムシ

スポンサーリンク

カメムシから洗濯物を守る対策とは?

カメムシは白っぽい物にたかりやすいのでYシャツやバスタオル

下着類によく見かけます。

せっかく洗ったのに見かけるとガッカリします。

また、白くないけど日光で暖かくなったズボンなどは、中に潜り込んでしまいます。

取り込むときには、潜んでいないかチェックが必要で知らずに家の中に入ってしまい

越冬してしまう事もある様です。

そこで洗濯物を覆い隠すいい方法は無いかと探したら

『ランドリーポンチョ』という商品がありました。

洗濯物をすっぽり覆って干す事ができます。

これならガード出来そうです。楽天やAmazonで購入できます。

しかし、安上がりに自分で作る方法もあります。

100円ショップで

レースのカーテンをいくつか購入して洗濯物をぐるりと覆いましょう。

自分に合わせた形を作れます。もっと凄いモノになるかもしれません。

カメムシの習性を考えると暖かく無ければ来ないかもしれません。

日の当たる南側のベランダでよく見かけますが

北側のベランダでは見かけません。

日の当たらない北側のベランダで干してみましょう。

洗濯物は乾きにくいですがカメムシは来ないはずです。

北側のベランダにスペースが無い場合は、

最終手段、室内干ししかありません。布団は布団乾燥機かな⁈

カメムシのにおいを取る方法!手や衣服など!

カメムシの分泌成分は、

・「ヘキサノール」

・「オクテナール」

・「デセナール」

どれも揮発性化合物で

ヘキサノール(トランス-2-ヘキサノール)は脂肪族で

青葉アルデヒドとも呼ばれ、青臭い香りの物質です。

草や葉のにおいの主要な成分で「パクチー」の臭いに似ている。

因みにパクチー(タイ語)とコリアンダー(英語)は同じ香草で

日本では生で食べる時は「パクチー」と言い

乾燥させて葉やタネを粉末状にしたモノを「コリアンダー」と

言って分けている。

皮膚に付いたヘキサノール(トランス-2-ヘキサノール)を落とすには、

サラダ油やオリーブオイル、オレンジオイルなどの油でこすると

溶けてくるので、その後に石鹸で洗い流すのが効果的です。

アルデヒドなので肌の弱い人はヒリヒリとやけどの様に腫れて

強い痛みを伴います。臭いのかかった手で目をこすらない様にしましょう。

衣服などに付いた場合は、もう一度洗いたくなりますが

界面活性剤入りの食器用洗剤・洗濯洗剤で部分洗いできれば

脂肪を浮かせて臭いも洗い流せるでしょう。

または、

揮発性化合物なのでドライヤーの熱などで揮発させるれば

臭いも分解できるそうです。

スポンサーリンク

カメムシを退治、駆除方法とは何?

真夏に活躍した冷却スプレーで撃退します。

できれは瞬間冷却スプレーが効果的です、冷却成分がカメムシの神経に作用し

動きを瞬時に止めてしまうので簡単に払えます。

吹きかける時は、横から払うようにスプレーすれば風圧でポロリと

落とせます。ガスで噴射するタイプの方です。

エチルアルコール(エタノール)を試しましたが

平然としていて効き目はなかったです。

以上の方法は殺虫効果は期待出来ません。

しぶとく生きていますので、ポロリ落ちたカメムシを

洗剤や灯油の入って瓶に落とし殺虫します。

その後は、包んで密閉しごみとして捨てる。

などして処分してください。

殺虫剤でおススメは

カメムシ専用の殺虫スプレー

アース製薬の「カメムシコロリ」とかが効くみたいです。

他に

フマキラーの「凍殺ジェット」も効きそうです。

追伸:これ効きました!退治できます。殺虫成分が無いので安心です。
おススメします。カメムシ、カッチカチで凍ります。


まとめ!

洗濯物を、清々しい空気に触れながら

太陽の日差しの恩恵の中で干したいのなら

ガードする物で覆う方が良いでしょう

日差しや風を必要としないなら室内で干す方が良いでしょう。

カメムシが止まっていたら冷却スプレーで払落し撃退しましょう。

臭い分泌液が手や皮膚にかかったら

オリーブオイルやオレンジオイルで擦って最後は石鹸で洗い流す。

衣服は界面活性剤入りの洗剤で部分洗いしてドライヤーで一気に乾かす。

夏に活躍した冷却スプレーを使うと固まりポロポロ落ちるので

最後はつぶさない様に包んで捨てる。

殺虫剤は専用のモノをお使いください。

以上、お役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク