節分の豆まきはいつやるの?豆のまき方は?その後始末の方法は

年が明けて成人式も過ぎ、

1月が終わるころ 2月の行事に向けて
テレビや街で節分の話題が目に付くようになってきます。

近年は、恵方巻きを食べる向きも話題の1つですが

子供のいる家庭では「豆まき」をレクレーションの
1つにしている家庭もあると思います。

子供の頃から「鬼を追い払い福を招き入れる」
イベント位にしか思っていませんでした。

自分の子供に節分で何?いつやるの?
と聞かれた時、上手く説明が出来ませんでした。

そこで簡単ですが説明できるくらいに調べてみました。


スポンサーリンク

節分の豆まきはいつやるの?

節分のイメージは2月に行うイベント?と言う感覚ですが

節分じたいは、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」と
季節が移り替わる節の日の前日をさしているそうです。

この季節の節目には邪鬼が入りやすいと考えられていて
特に新しい年の最初の節目に
その邪鬼を払う行事
となっているそうです。

立春」は約4年ごとに日にちが変わりませす。
2019年の「立春」は2月4日ですが

2021年、2025年、2029年、2033年と
4年ごとに2月3日が「立春」に変化しています。

節分」は「立春」の前日なので

2019年は2月3日ですが2021年は2月2日になります。

日にちは以上の事で分かりました。

次は時間帯です。

『おには~そと!』『ふくは~うち!』

の掛け声を子供の頃、近所から聞こえていたのを思い出します。
時間帯は夕食後や夜の始めの頃です

実際は、時間帯は諸説あるようでハッキリは決まっていないとか

昼と夜のハザマに魔や鬼が現れる宵の口。
鬼は夜に現れる丑三つ時。
豆まきは家長がおこなうので家長のいる時間。

などから、家族が全員集まる
夕食後が一般的に普及した時間帯のようです。

節分の豆のまき方は?

豆のまき方も色々ある様です。

まく豆も「落花生」や「大豆」など使いますが、
『鬼は~そと』で蒔いた豆から芽が出てくると
縁起が悪いので煎った豆を使います。

最近は、まく豆も「紙で作った豆」や「ドックフード
なかには『福は~うち』だけを「ジェリービーンズ」て人もいます。

場所は奥の部屋から
窓を開けて外へ『鬼は~そと』『鬼は~そと』と2回
部屋の中へ『福は~うち』『福は~うち』と2回
また別の部屋で
窓を開けて外へ『鬼は~そと』『鬼は~そと』と2回
部屋の中へ『福は~うち』『福は~うち』と2回
とまいて行き最後は玄関が一般的でしょう。

かけ声は2回ずつ上記の様に行います。

でも

神社で行う「節分祭」では、かけ声も違ってきます。
鬼は~うち』『福は~うち』と鬼もうちに入れるかけ声です。

他にも

『福は~うち』『鬼も~うち』とか言う所もあるようです。
苗字に鬼が付いている家庭でも上記のようなかけ声で
行っているそうです。

鬼を神様として崇めている神社もありますから…

寺で行う「節分会(せつぶんえ)」でも、かけ声が違います。
成田山新勝寺や川崎大師でのかけ声は
「福は~うち」「福は~うち」のみで
「鬼は…」はかけ声にありません。
ご本尊の強力な霊力で
外に追い立てるまでもなく屈服させるという考えだそうです。

同じような話で『鬼は~うち』『福は~そと』と言うかけ声を
使う所もあるのですが
鬼は境内に閉じ込めて、福は外に出てみんなに福をもたらす
意味だそうです。

スポンサーリンク

節分の豆まきした、後始末は?

節分は、家中にまいた豆を今年1年の厄除けを願って拾い
自分の歳ぶん食べるまでが行事
です。

この時の自分の歳は数え歳になります。
数え歳は、新年の迎えると1つ歳をとる数え方です。
詳しくは検索してください。説明は省きます。

だから
威勢よく『福は~うち』『福は~うち』と大量に
豆をまくと後始末が大変!

きっと大量に余ってしまうでしょう
余ってしまった豆はどうしますか?

捨てる方もいらっしゃるけど
福が付いた豆を捨てるのはバチが当たりますので

翌日にでも食べてあげてください。

私の家ではあまらない様に家族の歳分だけ
数えて『福は~うち』とまいています。
しょぼい感じになります。ハハハ真似しないでください。

やっぱり縁起を担いで威勢よく沢山まいた方が
福がたくさんくる感じがしますよ

外にまいた豆は翌朝まで残っているようならば
かたずた方が良いでしょう。

昔は朝方にハトなどの鳥が片付けてくれていましたが
今は残っていると色々問題が発生しますので
片付けた方が無難です。外の豆には福は無いので
捨ててもかまいません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

豆まきは、お子様がいらっしゃれば
イベントとしてご一緒に『鬼は~そと』『福は~うち』と
恥ずかしく無くできますが

お子様も大きくなると、恥ずかしがって
大きな声で『鬼は~そと』ってしなくなります。

それでも家長が掛け声よろしく豆まきをされると
それは粋なご家庭なのかなと思います。

戸建てのお家ならば外は道路又はお庭ですが
マンションなど集合住宅の場合は、
外はベランダか共同通路や階段になるので
『鬼は~そと』と豆まきは行わなくなっている
ご家庭もあるとか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする