シールド乳酸菌の効果って!死菌なのに効果あるの?殺菌するの?

私はこの頃、乳酸菌飲料のラベルに書かれている

乳酸菌飲料(殺菌)」と書かれている事に

殺菌」!?

と乳酸菌を殺菌してるのは、どうゆう事?と不思議に

思っていました。

すると「シールド乳酸菌」は死んだ菌「死菌」と言うじゃありませんか?

死菌」ってなに?「ゾンビ菌」なのか?

体の中でゾンビの様に動き出すのか?

それで、「シールド乳酸菌」に興味を持ち調べてみました。

スポンサーリンク
  

「シールド乳酸菌 タブレット」の効果って?!



シールド乳酸菌」はシールドと言う名の如く、病原体からガードしてくれるって事?!

そうなんです。病原体から守ってくれる乳酸菌、「シールド乳酸菌M-1」の
1日あたりの摂取目安量は100億個。それは…
森永製菓  たべる シールド乳酸菌タブレット」であれば3粒で取れちゃう。
タブレット1つあたり33.4億個の「シールド乳酸菌M-1」が含まれているので
3粒で取れる計算です。

毎日、おやつのように食べるだけで、腸の免疫細胞が活性化して免疫が向上し
インフルエンザ」の予防の効果が得られる。

資料によれば、このシールド乳酸菌M-1」は免疫活性タンパク質の分泌を促進させ
ナチュラルキラー細胞」を活性化させることが期待できる
らしい。

と言う事は、「ナチュラルキラー細胞」は全身をパトロールして、がん細胞やウイルスや
細菌に感染した細胞を見つけ攻撃する免疫細胞なので、まさに「」の役割で
私たちの体を守ってくれる乳酸菌って事!

すっげ~!食べないとね!

シールド乳酸菌」は「死菌」とあるけど効果は?



「死菌」って菌が死んでるってことでしょ!

「乳酸菌」は生きたまま腸に届かないとダメなんじゃないの?

私も生菌(プロバイオティクス)つまり、生きた菌が胃の中で死なずに
腸まで多く届く事が出来れば、小腸で増殖して発酵状態になると言う
話を幾度となく聞いていました。
そのために、胃酸や胆汁から乳酸菌を守るようにコーティングされた
モノもある。事も知っています。

なのに「死菌」?

既に死んでいれば生かす為の処置もしなくて済みます。
話によると100年前に加熱殺菌した乳酸菌「死菌」もマウスの実験で
寿命を8%も延ばした事を確認していたのです。
なのに「生菌」ばかりに目を向け「死菌」は無視してきたのです。

腸内フローラの加齢現象の発見で有名な腸内細菌叢研究の権威、光岡博士は
「腸内細菌学」と言う学問で死菌(バイオジェニックス)を提唱しています。

博士は、乳酸菌の免疫機能の活性化には菌の生死に関係なく小腸で体内に
引き込まれた時「マクロファージ」に貪食されて分泌される物質によって
免疫担当細胞(NK細胞)に異物が入ってきた信号を出し免疫のスイッチを
入れている。むしろ多く菌を摂取する事が重要と言われています。

スポンサーリンク

「シールド乳酸菌」を「殺菌」にした意味は?

「生菌」は体内で発酵し乳酸をつくりだすと腸内は酸性の状態になり
「悪い菌」の増殖を抑えます。「悪い菌」は酸性を嫌い「善い菌」
は弱酸性を好みます。

「生菌」はマイナス18℃以下の環境でも生き抜く力を持っています
一時的に活動を停止し適温になると活動を始めます。
しかし、63℃以上の高温になると死滅します。

この「生菌」はヨーグルト、キムチ、ピクルスに代表されるように
酸味を醸しだします。

商品として管理が大変で発酵が進んだりして味の変化が起こります。
そして「生菌」の効果を十分発揮するには、相当量の「生菌」が入った
食品をほぼ毎日食べなきゃなりません。

しかし「死菌」は味の変化が無くどんな商品にいれても変わりません。
また「死菌」のため品質が安定して、製品の賞味期限を長くすることができます。
しかも消化の途中で失われること無く一気にたくさんの量を腸に届けられます。

だから「死菌」は品質が一定になり安定した原料として扱えるし、不純物の
リスクが「生菌」より圧倒的に低く抑える事ができるので一般食品への応用が
可能なんです。

今では、

・吉野家も2017年1月に「新とん汁」と「新けんちん汁」に
「シールド乳酸菌」を加えて提供。
・永谷園は「1杯にシールド乳酸菌100億個みそ汁」を発売
・丸善も「ホモソーセージ4本パックシールド乳酸菌入り」発売
・菊田食品も「シールド乳酸菌100億個プチ納豆」
・セブン&アイ・フードシステムとキューピー㈱で開発の
「シールド乳酸菌入りドレッシング」
などなど

なかでもタカラフーズが自社の所蔵する約2,200種類の納豆菌から
発見した「S-903 納豆菌」で作った「おかめ納豆」に
「シールド乳酸菌」入りのタレを加えて発売している商品
「すごい納豆 S-903 」も紹介しておきます。

森永乳業の「シールド乳酸菌」を導入した企業は100社を超えています。

まとめ



なんだか、「シールド乳酸菌」の話が最後の方で商品の宣伝?
見たくなってしまいましたが…
今のブームみたいに広がりを見せているのは以上の理由なのです。

補足しておきます。
納豆菌も腸内細菌として乳酸菌やビフィズス菌を増やす働きを持っています。
花粉症、通年性アレルギー性鼻炎、インフルエンザへの影響を確認しているようです。

以上を参考に腸内フローラの花を咲かせましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする